犬の暑さ対策って?簡単にできる事から

クールウエアを着るフレンチブルドッグ健康

みなさん愛犬の平熱ご存知ですか?犬は一般的に38~39℃と言われており人間より高いんですね。恥ずかしい話、初めて動物病院で検温し、獣医さんより『39℃ 大丈夫』と言われた時は

自分は長年『大丈夫』の意味を勘違いしていたのか?英語でいう『no problem』じゃなく『Oh my god』の意味なのか? 薄グレー色のTシャツが漆黒に汗ばんだ記憶があります。

本題です。わんちゃんは体温調節が難しい為、暑さ対策は愛犬との豊かな暮らしにとても大切です。室温、散歩時間、グッズ。まずは環境を整え愛犬を暑さから守りましょう。

犬の熱中症とは

寝ているフレンチブルドッグ

熱中症は日射病や熱射病などの総称で、体温調節機能が働かなくなり高体温や脱水になることで生じる全身の疾患です。犬は人間のように汗をかいて体温のコントロールができないんですね。代わりにパンティング(舌を出しハッハッとなるやつ)で調節。これが気温が高くなることでうまくできず、体温が高いまま脱水症状や臓器への負担があるそう。。。犬の体温は40.5℃以上で高熱とされます。最悪の場合死に至る事もあるため飼い主様は注意が必要です。

犬種によっても熱中症リスクが異なりますが、ぜんちゃんのような短頭種(パグ、フレンチ・ブルドック、ボストン・テリア、チワワ、シー・ズーなど)は、水分を蒸散する能力が低く、熱中症になるリスクが非常に高いです。

犬にとっての適温

犬が快適に過ごせる気温は22度、湿度は60%とされていますので、おすすめは、冷房時の室温25度〜26度、湿度50パーセント位。これらは犬種によって差はありますが人が感じる『暑い』は犬にとっての『うう、暑い。。』であることを認識してきましょう。何歳に見える?の質問に対する回答が実際の-5歳である理論と同じです。

夏の散歩注意点

熱を帯びた地面は非常に熱く危険で、50~60℃にも達する為火傷を負うリスクもあります。
時間帯は早朝か日が沈んだ20時以降がおすすめです。日が沈んだ直後では地面暑いです。
また持ち物としては
・十分な水分
・クールグッズ

が必須です。現在ぜんちゃんはクールスヌードを使用しておりますが、保冷剤を入れて首に着ける為、首への負担が気になってました。
そんなある日、コロコロのついた椅子で回りながらSNSを見ていた時でした。
突如、彗星の如くアルマゲドン級なクールグッズを発見。

暑さ対策グッズ

その名も 『cani.cool』
まるで宇宙服の機能を彷彿させるデザイン。洗練された機能美。
無人島にもっていくなら『ライター、懐中電灯、cani.cool』で決まりました。前澤氏に宇宙にもっていくものとしてもお勧めしたいです。
何がいいって水いれるだけで最大3日間冷却できる優れもの!

特徴

  • 周囲温度から最大15℃冷却することができる。
  • 水だけで機能するが、内側と外側は100%乾いたままであるため濡れない。
  • 1回の給水で最大72時間ノンストップで冷却でき、750回(=約54,000時間)以上利用できる。
  • 犬の体にとって負担の大きい熱ストレスが大幅に軽減されるよう、獣医師と共に開発された。
  • 軽量でベルトやバックルが無いシンプルな形状。ベストのデザインは犬が動きやすいよう設計されている。
  • TÜVによる試験済み素材で作られ、REACH宣言に準拠している。
  • この製品は、低~中湿度で最も効果的に機能する。
  • 洗濯機使用可能

自分史上最速でポチッ。楽天,amazonだと値段が高い上、Sサイズが完売していた為
メーカーから直接購入してみました。

https://www.cani.cool/

支払い額が€95,83
7/2時点 EURO換算 約13,153円
日本の通販サイトより3,000円程お得に購入。
海外サイトからの購入は初めてですが、問題なくできました。
canicoolを安く買う方法として検討ください。不明点があればコメントいただければ回答します!
※海外サイトでの購入はご自身の責任で実施なさってください。

無事1週間ほどで到着したので使用感をYoutubeにまとめました!

以上、今回は暑さ対策について共有させていただいました。
ネットでは『クーラーを使わず過ごす方法』などもありますが、無理してギリギリを実現することはペット、飼い主共にストレスですよね。ペットの命に責任を持ち豊かなペットライフを追求していきます。

フレンチブルドッグひろば

コメント

タイトルとURLをコピーしました